Chateau Mont Perat Rouge [2010] Queenは言い得て妙。

      2016/04/21

imgrc0064354734上記画像のキャッチ以外にモン・ペラの有名な逸話がもうひとつ。
モン・ペラの2001年ヴィンテージがドイツのワイン専門誌ヴァインレーゼにおいて、
94+点を獲得。
その際、シャトー・マルゴー、シャトー・ラフィットは92点という評価であったため、
世界の舞台において注目を集めた。

img59147111

■ ワイン名 シャトー モンペラ ルージュ
■ 生産年 2010
■ 原産国 フランス
■ 地域 ボルドー地方 A.O.C.コート・ド・ボルドー
■ タイプ 赤ワイン
■ 葡萄品種 メルロー 80%
カベルフラン10%
カベルネソーヴィニヨン10%
■ 度数 14%
■ 内容量 750ml

※下表はワインアドヴォケイト誌のポイント。(所謂パーカーポイント)
「まだ名前の知られていない最高のボルドー」などと
大げさに言っている割には、実は平均87点程度しか評価していない。

WS000000※下表はワインスぺクテイター誌のポイント。
こっちも平均が87点程度。
リリース価格の変動幅がかなりあるが、近年では3,000円以上か?

WS000001

スポンサーリンク

忍者ad

テイスティングノート

P1140021

【外観】
全体的に黒みを帯びた輝きある濃いルビー。
粘性はやや強め。

P1140002

抜栓したては閉じている為、デキャンタージュが必須。
持ち合わせ無い場合は、
抜栓後、時間を置いて(2日目がベスト)飲む事をおすすめする。

【香り】
香りはそれほど立たないが、
プラム、ブラックチェリーといった酸を伴った熟した果実香の他、
爽やかなミント、血や鉄のニュアンス、MFL由来の乳酸香、
新樽由来の樹脂、ほのかにシガーボックスを感じる。

また、時間と共にこれらのバランスは変化するが、
総じてアルコール感は高め。(特に初日)

【味わい】
アタックはなめらかに始まり、
プラム、ブラックチェリーといった
酸を伴った熟した甘い黒系果実が口内にボリューミーに広がるが、(2日目がピーク)
新樽からのスモーキーなビター感がこれを覆い尽くす。

アフターはブラックチョコの様なほろ苦さだけが
とても長く続く。

ミッシェル・ロラン関与と言われれば誰もが納得な
ナチュラルとは対極な人工的でモダンな造り。

嫌いじゃない。むしろ好きな味わい。

「パワフルで、そのくせとろけるような甘味と
キュンとくるような酸味がぐわっと迫ってくる感じだ。」

「それこそ、あのクイーンのボーカルの甘くてハスキーな声を
分厚いギターや重たいドラムで包みこんだような。」

「なんつーかクラシックみたいなんだけど、そうじゃない。
こいつはもっとモダンなー、やっぱ“クイーン”っすよ。」

20071016064430テイスティングコメントを書き終えたあと、
改めて「神の雫」と重ねてみると、
ロックな例え(Queen)は言い得て妙。

スイートでありながら、スモーキーでビターなモダンワイン。

img60031155

 - テイスティング , , , , ,