Chateau Sainte Colombe [2006]

      2016/04/21

imgrc0064354954

スポンサーリンク

忍者ad

シャトー・サント・コロンブ。
コストパフォーマンスに優れた1本。

お手頃価格で美味しいワインが見つかるAOCコート・ド・カスティヨン。

同地区はローマ時代からの古い歴史を持ち、砂利質の肥沃な土壌から
果実味に富んだリーズナブルな価格のワインを産する地区として知られている。

このシャトー・サント・コロンブは、カスティヨンを代表するワインのひとつで
1999年がファーストヴィンテージ、平均樹齢37年のメルロー中心で造られる。

「コロンブ」とは、鳩という意味。
愛と平和の象徴、鳩、ハートの中を葡萄をくわえた愛らしい鳩のラベルが印象的だ。

地元ボルドーでも、安くて美味しい赤ワインとしての市民権を獲得しており、
ワインフェアーで売り場に並ぶと、飛ぶように売れていく。
また、ワイン評論家ロバート・パーカー氏からは
「知られていないAOCながら、探し求める価値のバリュー・プライスワイン」
との評価を得ている。

コート・ド・カスティヨン

 


 

サント・コロンブのオーナーは、ジェラール・ペルス氏。
サン・テミリオンの優良シャトーである、パヴィやモンブスケ、パヴィ・デュセス、
ベルヴュー・モンドット、クロ・レグリーズ、ラ・クルジェールなどの
有名シャトーを8つも所有している。

彼の哲学は、全てのシャトーでテロワールを最大限引き出し、
いかなるアペラシオンでも手を抜かず、全力を尽くして最高のものを造り出すこと。

Gerard Perse
parker

そして醸造コンサルタントは、フライング・ワインメーカーとしても名高い
ミシェル・ロラン氏が務めており、ブドウ栽培から醸造、熟成に至るまで
指導を行っている。

ミシェル・ロラン

すでに多くのワインで実力を証明してきたこの二人が新しく手掛けた
サント・コロンブは、『ベスト・オブ・ハイコストパフォーマンス』
とでも言うべき優れたワイン。

そのクオリティの高さはバイヤー陣を唸らせ、舌を巻かせた。

シャトー・サント・コロンブ テクニカル

畑 面 積     40ha
年間生産量    20万本
オーナー      2002年よりジェラール・ペルス氏の単独所有
コンサルタント  ミシェル・ロラン
作付割合      M70%  CF20% CS10%
平均樹齢      37年
平均収量     40hl/ha
発酵・マセレーション  コンクリート・タンク、4週間。
新 樽 率    0%
樽 熟 成     1年落ち(パヴィ・モンブスケ使用樽)、15カ月
樽内マロラクティック醗酵
清   澄     しない。
濾   過     しない。

2006年の作柄

7月が猛暑で、ブドウの粒は小さく、8月は糖度とフェノール化合物が
増加するのに適した穏やかで乾燥した天候だった。9月中旬の降雨の頃には、
すでにリッチで凝縮した果実が実り、水捌けのよい砂利質の畑の恩恵で
ブドウの成熟への影響は比較的少なかった。ワインは豊かな果実味に、
均衡が取れたデリケートでクラシカルなスタイルに仕上がった。


 

サント・コロンブ

■ ワイン名 シャトー サント コロンブ
■ 生産年 2006
■ 原産国 フランス
■ 地域 ボルドー地方
AOCコート・ド・カスティヨン
■ タイプ 赤ワイン
■ 葡萄品種 メルロー 70%
カベルネ・フラン30%
■ 度数 13.0%
■ 内容量 750ml

テイスティングノート

サント・コロンブ 2006

【外観】
中心は深いルージュ。
淵は熟成を感じさせるガーネットに。

サント・コロンブ色調
【香り】
酸を想像させる赤いベリー系や、プラムなどの果実香と、
熟成からの紅茶やなめし皮が
控えめなスパイスのヒントとともに立ち上る。
ヴィンテージの割に果実感しっかり。

【味わい】
アタックはメルローらしい、柔らかく滑らかな口当たり。
ヴィンテージの割に果実味は若々しく感じられるが、
同時にクラシックなボルドースタイルを感じる湿った土のニュアンスが
とても良いバランスで混ざり合う。

アフターはタンニンをまだ感じるが、オーク由来の苦味が心地良く続き、
このワインのバランスを整える。

P1180972



相対的に若すぎず、熟成しすぎず、ベストな飲み頃。
さらっとしているので、食事に合わせやすくデイリーに最高。
1,500円でお釣りが来る価格設定は素敵だと思って頂ける筈。
これぞハイコスパ・ボルドーワイン!!。

※割が合わず?? 2008年ヴィンテージで生産中止に。
現在、この畑の葡萄はジェラール・ペルス氏が所有するシャトーの
(モンブスケ、パヴィ、クロ・レグリーズ)
セカンドワイン用としてブレンドされ、使用されているとのこと。
~the wine cellar insider.comより~

更に納得。
ワインショップCAVE

 - テイスティング, 取扱ワイン情報 , , , , , ,