フランス料理「ピノ・ノアール」

   

P1200259
今週は平日月曜日がお休みだったので、嫁さんとランチデート。

ここ最近のランチデートといえば、
梅田周辺の店を中心に食べログで探すことが多かったけど、
車で行けば、どっちかが飲めないし(主に嫁さんだけどw)
電車で乗り継いで行くのも面倒だし。

・・・ということで、
最近、ジョギング中に見つけたファサードの可愛らしい、
フランス料理「ピノ・ノアール」
自宅から徒歩15分のフレンチレストランに行くことにした。

スポンサーリンク

忍者ad

なにやら心配・・・

前日に予約の電話をすると、
年輩らしき男性が丁寧に対応してくれた。

立地やこじんまりとしたお店の感じから、
オーナーシェフであることは間違いないだろう。

どのようなランチがあるのかを訪ねると・・・・

Aコース1,620円(税込)
本日のスープ、シェフおまかせ料理、プチサラダ、
コーヒーor紅茶、パン

Bコース2,160円(税込)

オードブルorスープ、魚料理、シャーベット、
コーヒーor紅茶、パン

ピノランチ3,240円(税込)

オードブル、スープ、魚料理or肉料理、
シェフ特製デザート、コーヒーor紅茶、パンシェフおすすめ

ランチ4,320円(税込)

オードブル、スープ、魚料理、肉料理、
シェフ特製デザート、コーヒーor紅茶、パン

だったので、僕は3,000円・嫁さんは2,000円のコースで予約した。

その後、このお店のオフィシャルサイトを閲覧してみると、
2012年の4月以来、更新されていなかった
ので
大丈夫なのか??・・・と少し心配になる。(※消費税も5%表記のまま)


 

お店の外観はウェブのキャッチ通り、
パリの郊外にあるようなフレンチレストラン。(行ったこと無いけど)
ハーブや色とりどりの花が沢山あってホント可愛らしい。

予約していた12時過ぎにお店に入ると、
そら、ウェブ更新はパッと出来ないだろうなぁ・・・という感じの
オーナーシェフ 岡本憲昭さんが笑顔でお出迎え。

写真を撮り損ねたが、店内はファサードほどオシャレ感が無かったと
正直に申し上げておこう。(カークランドの段ボールがレジ上にあったり・・)
このギャップにも若干心配にはなったが、
まぁ年輩のオーナーなので、内装~食器に至るまで良く言えばアットホーム。
席数は意外と多く、20席以上はあったと思う。

そして、この日のランチはオーナーシェフがひとりで切り盛り。
ディナーはマダムがいらっしゃって、手伝われるのだろうか??

そこらへんはまだ謎だけど、
過去事例から、年輩シェフ=料理への期待が高まる法則。

・・・と思いきや、まず出てきたウォーターグラスが
「SAPPORO」と書かれた協賛グラス。
大丈夫なのか??・・・とまた心配になる。

P1200264
期待と不安の中、出てきた最初のオードブルは、
海鮮と野菜のポワレ トマトソースで。

誰しも食事に行くと感じるだろうが、一皿目の当たりハズレで
その日のモチベーションが変わるので、いつもドキドキ。

そして、今回は良店発見の喜びに変わった!
優しいトマトソースとホタテ、エビ、カボチャやキノコ、パイがマッチ。美味しい。

P1200265
そして、エンドウ豆のスープ。これまた優しく美味しい。
嫁さんにもサービスでおすそわけしてくれた!

P1200270
メインの前にグラスワインを注文。
結構多めに入れてくれてお得だったが、めっちゃ冷やされていた。
そして、この赤がやたらと甘かった。(年輩故?)

でも、メインディッシュのローストビーフのソースとの相性が抜群に良くて
これはシェフの作戦と受け取ってよいのだろうか・・・

結果、美味しいマリアージュを堪能できた。

P1200275
最後はコーヒーと共にデザートを。
お花いっぱいのファサードにとまる蝶を表現したような可愛い盛り付けで、
シェフの人柄の良さが汲み取れる。


 

味付けは全体的に優しく、甘やかという印象。
どれも美味しかった。

徒歩15分で行けるフランス料理「ピノ・ノアール」。
20年も住んでいながら、灯台下暗し。
今後はちょくちょく食べに行こうと思う。

 

店名
ピノ・ノアール
ジャンル
フレンチ
TEL・予約
072-976-3928
住所
大阪府柏原市旭ケ丘3-15-41 コーポ西村1Fmap※この地図は公式から拝借致しました・・・がよく見ると無い店だらけ。
この数年でこの辺りは色々な店が潰れましたねぇ。。。
交通手段
大阪教育大前駅から767m
営業時間
ランチタイム11時~14時(オーダーストップ)
ティータイム11時~16時
ディナータイム17時~20時(オーダーストップ)
定休日
水曜日
カード
可 (JCB、AMEX)

 - その他