Great Wines of the World Tasting  JEROBOAM CO.,LTD

   

P1130983

Wine List
(※WA:Wine Advocate, WS:Wine Spectator, JR:Jancis Robinson )

France

Pol Roger | Cuvée Sir Winston Churchill 2004

Etablissements Jean-Pierre Moueix | Château Latour à Pomerol 2012
WS 93 WA 93+ JR 16.5

Etablissements Jean-Pierre Moueix | Château La Fleur Petrus 2012
WS 94 WA 95 JR 16.5

Domaine Jamet | Côte Rôtie 2012
WA 96 JR 18.5

Château de Beaucastel | Château de Beaucastel Blanc 2013
WA 94 JR 17

Château de Beaucastel | Château de Beaucastel Blanc Vieilles Vignes 2013
WA 97 JR 17

Château de Beaucastel | Château de Beaucastel Rouge 2012
WA 96 JR 18

Château de Beaucastel | Hommage à Jacques Perrin 2012
WA 99

Italy

Luciano Sandrone | Barolo Le Vigne DOCG 2011
WA 94 JR 17

Luciano Sandrone | Barolo Cannubi Boschis DOCG 2011
WA 95 JR 18.5

Luciano Sandrone | Nebbiolo d'Alba Valmaggiore DOC 2013
WA 91

Isole e Olena | Cepparello IGT 2012

Australia

Jim Barry | The Armagh 2010
WA 99+

Kilikanoon | Attunga 1865 Shiraz 2010
WS 91 WA 97+

Henschke | Hill of Grace 2009
WS 98 WA 97+

California

Michael Mondavi Family Estate | M by Michael Mondavi 2010

Joseph Phelps Vineyards | Joseph Phelps Insignia 2012
WS 93 WA 96-100

Cakebread Cellars | Dancing Bear Ranch Cabernet Sauvignon 2012
WA 99

 

P1130937Pol Roger   Cuvée Sir Winston Churchill 2004
ピノ・ノワール、シャルドネ
2004年のスタートは寒く、雪に見舞われました。1月5日から通常通りの穏やかな天気になり、2・3月に寒い時期が短期間ありましたが、温暖で乾燥した気候は春まで続きました。6月14日にシャルドネ、18日にピノ・ノワール、19日にピノ・ムニエの開花が始まりました。湿った冷涼な8月上旬の気候によってブドウの成熟が遅れましたが、9月最初の3週間の暖かさと日照によって房は見事に成長し、収穫期のブドウは非常に健康な状態でした。素晴らしい気候のもと、最も早い区画は9月18日、遅い区画は10月2日に収穫をしました。記録的な収量でしたが健康でよく熟しており、潜在アルコール度数は9.6%、酸は7.1g/lでした。

P1130939Etablissements Jean-Pierre Moueix   Château Latour à Pomerol 2012
メルロー95%、カベルネ・フラン5%
WS 93
WA 93+
JR 16.5

2012年は難しい気候条件により技術的なブドウの成熟とフェノールの成熟の顕著な差が生まれました。頻繁にブドウを味見し、一区画の中でさらに選果を厳格に行うことで、理想的に成熟したブドウを収穫することができました。醸造作業を優しく行い、果実の風味とシルキーなタンニンを抽出するこを心がけました。

P1130948Château de Beaucastel   Hommage à Jacques Perrin 2012
ムールヴェードル70%、グルナッシュ10%、シラー10%、クノワーズ10%
WA 99
2012年は非常に穏やかな年明けと凍えるような2月の対照的な気候のヴィンテージです。清々しく湿気のある春、風が強く乾燥した7月、そして非常に熱い8月。収穫期は理想的な状況に恵まれ、偉大なるヴィンテージとなりました。

P1130957Luciano Sandrone   Barolo Cannubi Boschis DOCG 2011
ネッビオーロ100%
WA 95
JR 18.5
2011年は収穫期が非常に早かったことと収量が少なかった異例の年として記憶に残るでしょう。4月の異常な熱波と高温によってブドウの成長は通常より約20日も早く進みました。7月の平均気温はそれほど高くもなく、適度に雨も降りました。8月は記録的な気温となり、9月頭は軽い雨が降りました。夜の低温が暑さを和らげ、素晴らしいタンニンと色、アロマを得ることができました。

P1130963Isole e Olena   Cepparello IGT 2012
サンジョヴェーゼ100%
2012年のトスカーナの低収量は、2月に発生した2週間の寒波と5月の開花時期の寒い雨が原因です。6月から8月は熱く乾燥して旱魃の懸念もあり、土壌とキャノピーの管理にどれだけ注意を払うかが重要でした。待望の雨が8月末に降ったことで、特に遅熟な品種のサンジョヴェーゼの成熟期間が延びました。開花期が長かったのでブドウの成熟にバラつきがあり、区画毎に収穫をする事が重要でした。収量は20~30%減っていますが、モンタルチーノ、キャンティ・クラシコ、モンテプルチアーノの品質は非常に良いものとなりました。

P1130964Jim Barry   The Armagh 2010
シラーズ100%
WA 99+
2010年の収穫は例年よりやや早く2月初旬に始まり、4月中旬に終了しました。アーマーの畑は2月下旬から3月頭に手摘みしました。収穫期を通して暖かな日中と穏やかな夜が続き、素晴らしいフレーヴァー、色、ブドウの粒の成熟がみられました。

P1130967Henschke   Hill of Grace 2009
シラーズ100%
WS 98
WA 97+
2009年は寒く乾いた冬で、エデン・ヴァレーでは年間を通して399mm(多い年で500mm)の雨しか降りませんでした。1951年以来、最も寒い8月でした。春に数日間、気温が30度まで急上昇し、低地では霜の害が発生しました。9~10月の雨は非常に少なく、ここ30年で最も乾燥した月となりました。冷涼な気候による不安定な開花によって結実するブドウが少なくなりました。品種によっては水不足に耐えるため、芽の剪定を多くしたものもあります。12月中旬に65mm程の雨が降り、一年でもっとも雨の多い月となりました。年が明けても涼しい南風が吹き、2005年を彷彿とさせました。12月は32度を越える事がなく、1月は何度か30~40度の猛暑日がありました。1月末には40度を超える日が6日続き(1908年以来のことです)旱魃やダムが干上がった影響でブドウにストレスが発生しました。翌週には46度という驚異的な気温に見舞われました。幸運にもその後、穏やかで乾燥した、ブドウが熟すのに完璧な気候となり、3月1日より秋になりました。この気候の大きな変化によって3月上旬に10~20mmの雨が降り、それによってフレーヴァーが十分に成熟しました。3月末の小春日和のおかげで4月上旬までには全ての白ブドウは完熟しました。

P1130973Joseph Phelps Vineyards | Joseph Phelps Insignia 2012
カベルネ・ソーヴィニヨン75%、プティ・ヴェルド10%、
メルロー10%、マルベック3%、カベルネ・フラン2%
WS 93
WA 96-100
2012年の生育期はナパ・ヴァレーが最初から最後まで素晴らしい年になることを示していました。ここ3年よりも暖かく、最初の数ヶ月は涼しく乾燥して日照に恵まれ、発芽は4月の前半に始まり、開花と色づきは2010・2011年よりも早く始まりました。驚異的な結実と完璧な8・9・10月の気候により並外れた品質の素晴らしいブドウとなりました。

P1130978Cakebread Cellars   Dancing Bear Ranch Cabernet Sauvignon 2012
カベルネ・ソーヴィニヨン95%、メルロー5%
WA 99
2012年のナパ・ヴァレーの生育期は目を見張るものがありました。暖かく乾燥した春が発芽を促進し、何のトラブルもなく開花・結実が進みました。一貫して穏やかな気候だった夏は雨が降らず、あまり好ましくない熱波によってダンシング・ベアーのブドウは深く凝縮した果実のフレーヴァー、生き生きとした酸、しなやかなタンニンを備えた完璧なバランスのもとで収穫することができました。




 - テイスティング , , ,