シャトーラギオール 「選ばれしプロフェッショナルの象徴」

   

marque chat lag

シャトー・ラギオール(Chateau Laguiole)は、フランスのティエールで1850年創業と長い歴史を誇る、洋食器・刃物メーカーのSCIP社が1993年に作り始めたソムリエナイフ(ワインのコルク抜き)である。WS000000ソムリエの世界チャンピオンで且つ刃物製作にも精通したGUY VIALIS(ギ―・ヴィアリス)がある日SCIP社を訪ね、いかにサービスするかを熟知した人間と、鍛冶のプロ(SCIP社前社長レオ・サナジェスト)が、ワインを開ける事を生業とした人々向けのいわゆるプロ向けの機能と、ラギオールナイフの美しい形の融合を模索した共同開発に始まる。

(ギ―・ヴィアリス)

数ヶ月の試行錯誤の結果、最初に完成したのが、ただのコークスクリュー用ではなく、ソムリエ用のナイフであった。このナイフを「Chateau LAGUIOLE」と名付けた。3年に一度選ばれる「ソムリエ世界一」にデザインを依頼しており、商品のバラエティーが豊かである。そのためプロが用いるだけでなくコレクションもされている。

sciplaguiole_image

スポンサーリンク

忍者ad

ラギオール(ラヨール)とは?

ラギオール(地元で使われているオック語の発音は「ラヨール」である。)とは、フランス南部の山岳地帯(標高:約1000m)にある小さな村(人口:約1200人)の名前である。

ラギオールは辺鄙な山村であるため、自給自足の生活を強いられ、そのために家内工業としての刃物生産が行われていた。ナイフなどの刃物は、この村のものがデザインが優雅で、機能的であるとして、19世紀の初めから知られるようになった。

そのために、近代になってから、ラギオール(ラヨール)を名乗るブランドが続出したが、刃物に関しては、ワインやチーズなどのような原産地名統制制度(AOC)もなく、法的にはフランスの裁判で“ラギオール”という名称はナイフのなかの1つの種類の一般名詞であるという判決を下したため、ブランド名としては商標登録ができない。したがって、例えば”本物・ニセモノのシャネルのバッグ”とは言うことはできても、”本物/ニセモノのラギオールのナイフ”とは言うことができない。ラギオールナイフを選ぶ時には本物かニセモノかという基準ではなく、ナイフとしての質自体を見極めることが大切なのにはそういう背景がある。

800px-Laguiole(Laguiole)

現在ではフランスのラギオールナイフの主な生産地はラギオール村に近いティエール市である。ティエール市は刃物産業で有名で、フランス産の刃物の1/3を生産している。(Chateau LAGUIOLEもティエール産)

ラギオールナイフのシンボルとされている、取っ手の上の部分の昆虫は”蠅”という説と“蜂”という説があり、どちらかははっきりしていない。フランスのナイフ用語ではその取っ手の上の部分を“ムッシュ(mouche)と呼んでいるが、フランス語の蠅に当たる言葉も”mouche”なので、それに由来するという説もある。

AF_DIVERS_grande

 

Chateau LAGUIOLE(シャトーラギオール)
「選ばれしプロフェッショナルの象徴」

Chateau LAGUIOLE(シャトーラギオール)の革命的な点は、それまで主流であった無機質で金物然としたイメージからワインサービスのプロであるソムリエ達が、コルクの栓を抜くという瞬間を「職人技」とし〝生きた瞬間〝を提供できうる「道具」にまで昇華させた点が挙げられる。 最も有用なスクリュー部分は丁寧に手作りされ、挿入しやすく、またハンドルも持ったときの感触が柔らかく、1日に何十本ものボトルを開けるソムリエも疲れず、指が痛くならずに使えるように作られている。コルク抜栓時にかかる薬指、小指等への荷重、手の平全体にかかる荷重を研究し尽くし、究極のエルゴノミクス(人間工学)デザインと、味のある天然素材(水牛の角・各種木材など)の融合から生まれるハンドルや硬度としなやかさを持ち合わせた耐久性は、歴代の世界ナンバーワンのソムリエ達に愛用されている事で証明されている。一つ一つの部品を吟味、工程の約80%を熟練職人によって仕上げられており、「選ばれしプロフェッショナルの象徴」と称えられているソムリエナイフである。

 


 

2012年4月に購入した、
シャトーラギオール マリーアントワネット SS600MA

P1130103
ヴェルサイユ庭園の木を採用した証明として、
フック部分にはフランス王国の花であるLYS(ゆり)の紋章が刻印。

P1130095また、王国の象徴である色(ロイヤルブルー)の専用革ケースが付属。

P1130094シンボルとされている昆虫マークだが、
ラギオール村で真しやかに語られている伝説によると、

皇帝ナポレオンがラギオール村に立ち寄った時に、
村人たちが歓迎して皇帝とその側近の将軍たちに自慢のナイフをプレゼントした。
ナポレオンは大いに喜んで、以後このナイフに「Royal Bee」、
すなわち皇帝がマントに付けていた蜂のシンボルを付けることを許可した
というのである。

「蠅」よりも、「蜂」の方が人に語るにはずっと良いエピソード。

P1130097道具から入る性格の方にはマストアイテムのソムリエナイフ。

一生に一度の買い物だと思うので、
ここは妥協をせずに一流のものを買うべし。

 - その他