Kendall-Jackson Vintner’s Reserve Chardonnay [2013] その3

   

imgrc0062546265米国オバマ大統領もお気に入りのワインとして名を挙げ、
安定した仕上がりで魅了し続ける、ヴィントナーズ・リザーヴ。

ケンダル・ジャクソンは1982年に設立されたワイナリー。この約30年あまりでカリフォルニア屈指のワイナリーとなった。サンフランシスコの有名な弁護士であった、オーナーのジェス・ジャクソン氏はもともと趣味でワイナリーを所有し、ブドウの栽培とワインのブレンドを研究してきた。ワインを実際にリリースしたときにその綿密な研究の成果は、素晴らしい結果に結び付くことになる。なんと初ヴィンテージとなる1983年のヴィントナーズ・リザーヴ・シャルドネがアメリカ・ワインコンペティションでのプラチナメダルを受賞。現在はオバマ大統領も、お気に入りのワインとしてケンダル・ジャクソンを挙げるほどとなり、受賞したメダルや賞はアメリカで最も多いメーカーとして知られている。また、ケンダル・ジャクソンがオバマ氏に、「ヴィントナーズ・リザーヴ シャルドネ」2ケースをお祝いとして贈ったとアメリカの雑誌「ピープル」で報じられたことでも有名だ。

ケンダル・ジャクソンの自社畑はすべてカリフォルニアの沿岸部、涼しい海風が吹く丘陵の斜面にあり、冷涼な気候がブドウをじっくり育てる最高の環境を維持している。ゆっくりじっくりと成熟したブドウからは、味わいと香りに深みのある高品質なブドウが造られている。フランスのテロワールの概念を応用し、土壌、傾斜、日当たり、気まぐれな天候を仔細に研究。自家畑と、厳選された契約栽培家のブドウは畑ごとに仕込み、それらに最良のブレンドを施すことで、常に安定した品質のワインを造り出している。
ケンダル・ジャクソンのゴールは、「初めて味わう時にも、それから月日が経った後でも、楽しめるようなワインを想像すること」。その言葉通り、どんな人にでも好かれる、気取らず飲めるワインを生み出し続けているのだ。

ヴィントナーズ・リザーヴ シリーズは、ケンダル・ジャクソンのワイン造りの中心を担う存在であり、彼らのワイン造りの原点となったシリーズ。

冷涼な気候ですっきりとした酸を持つブドウが収穫されるメンドシーノ地区、1年中温暖で安定した質を誇るブドウが収穫されるモントレー地区、熱帯地で完熟したブドウが収穫されるサンタ・バーバラ地区、ソノマカウンティ地区の収穫されたブドウをブレンド。
imgrc0062546298
ヴィントナーズ・リザーヴ シャルドネは、フレンチオーク樽とアメリカンオーク樽にて発酵し、シュール・リー・エイジング(澱の上にある状態で静置しておく方法)によりクリーミーで滑らかな口当たりに仕上げている。この価格帯のワインで、これほどの贅沢な製法を取り入れているワインは他には見当たらない。

評価:WINE&SPRITS MAGAZINE2011 ワイナリー・オブ・ザ・イヤー
ワインエンスージアスト エディターズ・チョイスにて91ポイントを獲得

スポンサーリンク

忍者ad


 

imgrc0062543664

■ ワイン名 ケンダル・ジャクソン 
ヴィントナーズ・リザーヴ シャルドネ
■ 生産年 2013
■ 原産国 アメリカ
■ 地域 カリフォルニア州 
モントレー郡
サンタバーバラ郡
メンドシーノ郡
ソノマ郡
サンルイスオビスポ郡
■ タイプ 白ワイン
■ 葡萄品種 シャルドネ100%
■ 度数 13.5%
■ 内容量 750ml

 

テイスティングノート

P1130391(産湯海岸にて)

【外観】
輝きある麦わら色。粘性は普通。
P1120359
【香り】
温度が低い状態では
清潔感と爽やかさを感じさせる柑橘系のフレッシュな香りの奥に、
桃やりんご、洋ナシのアロマ。
温度が上がることにより、複雑味が増し、ハチミツや甘やかな香りが中心に。

【味わい】
シュール・リー・エイジングの非常にまろやかな口当たりにはじまり
マンゴー、パイナップル、パパイヤなどのトロピカルフレーヴァーが口内に溢れる。
甘やか一辺倒では無く、酸味も充実。

味わいの構成は典型的なカリフォルニアのシャルドネだが、
主張し過ぎない酸や樽使いのバランスが絶妙で、
ここはブレンド技術の高さを感じさせる。
またアフターはバタートーストの風味を伴った長い余韻が楽しめる。

img60031155

 - テイスティング , ,