家庭菜園サードシーズン このタイミングで苦土石灰を散布しても大丈夫??

   

P1130788

今シーズン初め(春夏野菜栽培)の土作りに、
苦土石灰を全て使い切っていたにも拘らず、
購入せずまま後半戦の秋冬野菜シーズンが到来。

この畝立て中、苦土石灰を切らしていることは当然気付いていたのだが、
作業の途中でホームセンターへ買いに行くのも面倒だし、

「まぁ、春に散布したし大丈夫だろう」

pHの調整をせずに畝立てをしたのが事の発端。

P1130797
パッと見はいつもと何ら変わらない畝に、
いつも通りしっかりと黒マルチを張り、
意気揚々と育苗ポットから定植したのが9月初旬。

昨年、ブロッコリー、カリフラワーの栽培は大成功のうちに終えたので
今年も楽勝だときめこんでいたのだが、
なぜか9月下旬になっても、茎が弱々しく昨年通りにいかない。

そして、この状態に追い打ちをかける様に、
10月1日、爆弾低気圧の強風を受けて株が全て倒されてしまい、
葉は黄色く変色、3株も枯らしてしまった。

「もしかして、これは連作障害なのでは?」と、
自身のずぼらに基因するものでは無いことを願いつつ、
念のため、土壌酸度を計測してみてあらビックリ。

P1140033

めちゃめちゃずぼらのせいやん・・(′д')

酸度計がまさかのpH計測不能。完全に振り切ってしまったのだ。
こんなにも針がもの凄い早さで、左にグンッと振れたのは初めて。

いやはや、こんな短期間で日本の土壌は酸性に傾いてしまうのか?
正直これほどまでの数値になるとは驚いた。

酸度計を持たず、露地栽培に苦労している方は、是非購入&計測を。

降雨量の多い日本では、雨水によって土の中のカルシウム(Ca)やマグネシウム(Mg)などのアルカリ性ミネラルが地下に流れてしまうので、酸性が強い土になってしまう。
酸性土壌に含まれるアルミニウムイオンは植物の根に大きなダメージを与えるため、養分吸収が阻害されるなどして、育成不良を起こしてしまう。また、有用な微生物も棲みにくくなる。そのため、土作りにおいて石灰資材を投入してpHの値が高くなるように調整する必要がある。
1苦土石灰
pH調整と同時にマグネシウムの補給ができることが特徴。じわじわと効いてくるので、施したあと、すぐに植え付けても根を傷めないが、pH調整効果を上げるために、植え付けの10日程前に施してやると良い。

スポンサーリンク

忍者ad

さて、このタイミングで苦土石灰を散布しても大丈夫??

僕のせいで野菜達に瀕死の重傷を負わせてしまったことに懺悔しつつ、
同日(10月3日)ホームセンターへ苦土石灰を買いに走った。

P1140125

“株の成長途中に苦土石灰を散布する”なんて
まぁ、聞いたことがない。

農家のオッサン聞いたら怒るレベル。
・・・と思ったが、株がこの状況じゃダメもと。

「まいてすぐ作付できます!!」とデカく書かれたキャッチフレーズが
なんか株に優しそうな感じがしたので、いつもの粉末状のものは買わず、
粒状の苦土石灰を購入し、畝全体に散布した。

するとどうだろう?

P1140127本日計測すると、pHが6.0にまで回復。

P1140113P1140116なんかブロッコリーもカリフラワーも息を吹き返した!!
って、こんなんでええんかいな・・・という話でした。

 - 家庭菜園 ,