【シャンパーニュ】POL ROGER ポル・ロジェ 第一回 ポル・ロジェ社について

   

11月4日(水)、ちょうど今から一か月前になるのだが、
シャンパーニュ ポル・ロジェ社のプレステージ・キュヴェ、
Cuvee Sir Winston Churchill 2004ヴィンテージの日本リリースに伴って、
同社社長のローラン・ダルクール氏が来日した。
その際、インポーター様のご厚意で「レストラン  ヴァリエ」にて
ローラン・ダルクール氏とのランチ会に参加させて頂くことになり
そのときのレポートを遅ればせながらお届けしたいと思う。

IMG_7661ローラン・ダルクール

ブルゴーニュ生まれ。パリで経済と法律を学んだ後、ラブレ・ロワ社に入社し、アメリカで一年間ワイン・コンサルティングに従事。1996年にはブルーノ・パイヤール社に入社、自身の知識と経験を活かし、国内市場、及び輸出市場の発展に貢献する。ランスのビジネス・スクールでエグゼクティブMBAのコースを修了した後、ポル・ロジェ社より仕事のオファーを受け2006年に入社。2008年6月に輸出部長に任命され、前社長パトリス・ノワイエルの引退に伴い、2013年にポル・ロジェ社社長に就任。

image-moyen-imageポル・ロジェ社は「グラン・メゾン」と呼ばれる大手シャンパーニュ生産者の中では、
1849年の創業から現在に至るまで、完全な家族経営(創業者一族が全資本を持つ)を
行っている数少ないメゾンの一つだ。

image-moyen-the-pol-roger-house-in-epernay「気品と優美」を哲学とし、ピノ・ノワールの力強さを生かした
重厚なスタイルの格調高いシャンパーニュを造り続けており、
生産拡張や、派手なマーケティング、流行に身をゆだねることも一切しない。

醸造には木樽を使用せず、一番搾りの果汁だけをステンレス・タンクで
発酵させることによって、ブドウ本来の繊細な味わいを引き出している。

地下33mにある全長約7kmにも及ぶセラーは、気温が一定して低く(約9度)
ここで最低3年間以上、瓶内熟成させることによって、
ムースのようにきめ細かい、エレガンスなシャンパーニュに仕上げている。

image-moyen-image (2)また、ルミュアージュを重視し、今でも機械(ジャイロパレット)を使用せず、
4人の動瓶職人によって、手作業(1日5~6万本/人)でこれを行っている。

image-moyen-image (1)

スポンサーリンク

忍者ad

近年、かつてないほどの大改革も実行

同族経営が続くと、企業はいつしか衰退に向かう。それはワイン造りでも同じだ。

1997年、ブルゴーニュワインの名門モメサン社から、
ナンバー2として辣腕を奮っていたパトリス・ノワイエル氏を社長として迎え入れ、
クリュッグで長年働いてきたドミニク・プティ氏を醸造責任者に採用すると、
セメントの発酵槽は小型ステンレスタンクに刷新。
他にもデゴルジュマン(澱抜き)の最新マシンを導入、
ドザージュ(糖分添加)をコンピュータ制御にするなどの設備投資を行った。

image-moyen-image (4)手をつけたのは設備だけではない。原料のブドウも見直した。
質の悪いブドウ栽培農家は切り捨て、新たにグランクリュ
(ヴェルジィ、アンボネ、アヴィーズ)の畑も購入した。
今では格付け比率は95%以上、生産量の50%以上をまかなう自社畑を所有している。

image-moyen-pol-roger-vineyardこの大きなアクションは、ポル・ロジェに新たな息吹を与える。

「ワイン版のミシュラン・ガイド」ともいうべき、
『ル・ギド・デ・メイユール・ヴァン・ド・フランス』2012年版において
ポル・ロジェは初の3つ星(最高評価)に格付けされ、
2013年版でも7社のみに与えられた最高格付けを維持。

(原本を翻訳)ポル・ロジェ社のシャンパーニュの質の一貫性には、ただ驚くばかりだ。約100ヘクタールにもおよぶ自社畑を所有しており、その大半はエペルネの丘陵、コート・デ・ブラン地区(オワリー村、キュイ村、クラマン村)に位置し、同様に高品質で安定したブドウを生み出すテロワールの畑をマルイユ村そしてアンボネイ村にも所有する。3つのブドウ品種を1/3ずつ使用し、買い付けブドウも使用するが、そのバランスの良さはワインに表れている。丸みを与えるためにマロラクティック発酵を必ず行ない、凝縮したアロマを引き出すためにデブルバージュは低温で施す。清らかさとバランスの取れたアロマを保つために、瓶内二次発酵の際にはコルク栓ではなく王冠を使う。それぞれのキュヴェはブレンドするレゼルヴ・ワインの熟成度合いやクリュの産地が異なる。1950年代から60年代に賞賛を浴びたスタイルや高潔さをキュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチルで表現している。このキュヴェは過去30年間で10のヴィンテージのみのリリースで、グラン・クリュのピノ・ノワールが主体で造られる。また、ブラン・ド・ブラン・ヴィンテージも、見事に熟成した軽快で気品のあるシャンパーニュの模範となりうる。★★★Meilleurs_2012-2

さらに2004年には、それまでしばらく失っていた「英国王室御用達」を再度拝命、
そして2011年4月、キャサリン妃とウィリアム王子のロイヤル・ウェディングに
ブリュット・レゼルヴが供されると、その格式に一層の重みを兼ね備えた。
Royal_Coat_of_Arms_of_the_United_Kingdom.svg

また社長就任以来、メゾンの名声の構築に心血を注いできたノワイエル氏から、
2013年、新たな社長としてローラン・ダルクール氏にバトンが渡され、
デゴルジュマン(澱抜き)の時期の情報を開示するなど、たゆまぬ進化
を遂げている。

image-moyen-laurent-d-harcourt-president-du-directoire第2回へ続く

 - 取扱ワイン情報 ,