Sine Qua Non Stockholm Syndrome [2010] シネ・クア・ノン ストックホルム・シンドローム

   

名称未設定-1P1110564

■ ワイン名 シネ・クア・ノン
ストックホルム・シンドローム シラー
■ 生産年 2010
■ 原産国 アメリカ
■ 地域 サンタバーバラ州
■ タイプ 赤ワイン
■ 葡萄品種 シラー96%  ヴィオニエ3% ルーサンヌ 1%
(Eleven Confessions100%)
■ 度数 15.6%
■ 内容量 750ml

 

WA Point 100

公開媒体:

 

eRobertParker.com #220 (2015-08-28)

レビュアー:

 

Jeb Dunnuck

飲み頃:

 

2014-2024

The 2010 Syrah Stockholm Syndrome is a monumental effort that will stand toe-to-toe with the greatest Syrahs in the world. A blend of 96% Syrah, 3% Roussanne and 1% Viognier, it was fermented with 16% whole cluster before spending just under 42 months in 100% new French oak. It offers an incredible array of sweet dark fruits, cassis, white chocolate, licorice and hints of bacon fat that meld perfectly with its full-bodied, seamless, layered and impeccably put-together palate. Given the wealth of fruit here, it’s amazing how this stays light, graceful and elegant, without ever seeming over the top in any way. While there’s no shortage of tannin here, they’re sweet and integrated, so feel free to enjoy this rock-star effort anytime over the coming two decades or more. These latest releases from Sine Qua Non and Next of Kyn are at the pinnacle of wine, and it’s simply impossible to taste through these and not be blown away. While I think the star of the show at the moment is the 2010 vintage, the 2011s aren’t far behind, and the 2012s should rival them as well. In addition, to give you an idea how these wines age, don’t miss the recent 2004 retrospective on these wines that was published at eRobertParker.com. We finished the tasting with Manfred’s Next of Kyn releases, and these are the strongest set of wines yet to come out under this label. The focus here is exclusively on his estate Cumulus Vineyard planted around the estate in Oakview.

 


 

P1110567

■ ワイン名 シネ・クア・ノン
ストックホルム・シンドローム グルナッシュ
■ 生産年 2010
■ 原産国 アメリカ
■ 地域 サンタバーバラ州
■ タイプ 赤ワイン
■ 葡萄品種 グルナッシュ 75%
シラー22%
ヴィオ ニエ1%
ルーサンヌ2%
(Eleven Confessions100%)
■ 度数 15.7%
■ 内容量 750ml

 

WA Point 100

公開媒体:

 

eRobertParker.com #220 (2015-08-28)

レビュアー:

 

Jeb Dunnuck

飲み頃:

 

2014-2034

The current release of the estate vineyard (a.k.a. the extended barrel-aged cuvee), the 2010 Grenache Stockholm Syndrome is an incredible effort that I couldn’t find a fault with. A blend of 75% Grenache, 22% Syrah, 2% Roussanne and 1% Viognier, all from the Eleven Confession Vineyard, it spent just under 30 months in 22% new and 78% used French oak prior to bottling. Locked and loaded, it knocks it out of the park with its cassis, licorice, smoked duck, spice-box and exotic herb-styled bouquet. The palate follows suit and while it has the expected depth and richness of the estate, it’s seamless, elegant and lively, with perfect balance, ultra-fine tannin and a finish that just won’t quit. It doesn’t get any better and count yourself lucky if you can latch onto a couple of these. It will thrill for 15-20 years. These latest releases from Sine Qua Non and Next of Kyn are at the pinnacle of wine, and it’s simply impossible to taste through these and not be blown away. While I think the star of the show at the moment is the 2010 vintage, the 2011s aren’t far behind, and the 2012s should rival them as well. In addition, to give you an idea how these wines age, don’t miss the recent 2004 retrospective on these wines that was published at eRobertParker.com. We finished the tasting with Manfred’s Next of Kyn releases, and these are the strongest set of wines yet to come out under this label. The focus here is exclusively on his estate Cumulus Vineyard planted around the estate in Oakview.

 

Wine Advocate誌 要訳

2010 Sine Qua Non Syrah Stockholm Syndrome 100pt(Jeb Dunnuck)

ストックホルム・シンドローム・シラー 2010は世界の有名なシラーと肩を並べる偉大なシラーだ。黒色系の甘い果実、カシス、ホワイトチョコレート、甘草の香りに燻製肉のヒントが感じられ、ブーケはこの複雑かつ完璧な味わいの中に綺麗に溶け込んでいる。驚くほどエレガントで上品でありバランスも良い。タンニンがしっかりと感じられるが甘く、綺麗に溶け込んでいる。このロックスターのようなワインは今後20年以上に渡って楽しめるだろう。

2010 Sine Qua Non Grenache Stockholm Syndrome 100pt(Jeb Dunnuck)

ストックホルム・シンドローム・グルナッシュ2010は一つの弱点も見つからない偉大なワイン。カシスや甘草、スモークした鴨肉、スパイスボックス、ハーブの豊かなブーケが感動的。 味わい深く、リッチかつエレガント。活き活きとした味わいは完璧なバランスを保っており、タンニンはきめ細かく余韻は永遠に持続します。このワインを手にした人は幸運です。15~20年後更に感動的になるだろう 。

スポンサーリンク

忍者ad

Sine Qua Nonとは??

エピソード

Manfred-Krankl-Sine-Qua-Non

2010年のエステートワインは「Stockholm Syndrome」と名付けた。

「Stockholm Syndrome(ストックホルム症候群)」とは
70年代後半にストックホルムで起きた銀行強盗事件に由来する。

その犯人は人質に爆弾を付け、6日間に渡り銀行の金庫室に監禁した。
犯人は人質の命を脅かす一方、彼らに対し優しく接することもあった。
その結果人質たちは犯人に好意を持ち、警察から犯人を守る行動を見せたんだ。

名称未設定-1犯人と人質が閉鎖空間で長時間非日常的体験を共有したことにより
高いレベルで共感し、犯人達の心情や事件を起こさざるを得ない理由を聞くと
それに同情したりして、人質が犯人に信頼や愛情を感じるようになる。
また「警察が突入すれば人質は全員殺害する」となれば、
人質は警察が突入すると身の危険が生じるので突入を望まない。
ゆえに人質を保護する側にある警察を敵視する心理に陥る。
これをストックホルム・シンドロームと呼ぶ。

しばらく前の話だが、セラーにずっとこもっている時があった。
特別なワインを造るためアッサンブラージュの試行錯誤をし、
どんな樽を使うか決める・・・
それは素晴らしく、夢中になれる時間だ。

ワイナリー内では携帯の電波も届かないため、
インターネットの呪縛やうるさい着信音からも開放される。

外部の世界から隔離され、私と私の好きなものだけの時間が流れる。

また、私と妻は毎日欠かさずワインを飲む。
アルコールは体に良くないという人もいるが、
私達はそれが生活を豊かにすることだと信じている。

私にとってワインとは離れられないものなんだ。
その喜びに満ちた液体は私の心を掴んで放さず、
そこから解き放たれるというのは不可能に近い。

それはある意味ストックホルム・シンドロームの変化形だと私は考える。

そんな思いがセラーにこもる時間の中でフッと頭に浮かび、
2010年のエステートワインを「Stockholm Syndrome」と名付けたんだ。

Sine Qua Nonとは??

 

 - 取扱ワイン情報 , , ,