仕入れたワインを楽天市場ページにUPするまでの道のり

   

WS000001

スポンサーリンク

忍者ad

① まずはここから。試飲会&商談

名称未設定-1今回、お客様にご案内したいと思ったワインは、
ジェロボーム株式会社の試飲会にて自身がひどく気に入った、
ドメーヌ ティボー・リジェ・ベレールのレ・サン・ジョルジュ。

自分が良いと思った商品は即、営業マンと商談。

提示された仕入れ価格に対する楽天の相場と流通数量、
そして2大ワイン誌評価をチェックし、
お客様に喜んで頂ける価格設定が出来ると判断したら、

Domaine Thibault Liger-Belair
Nuits-Saint-Georges 1er Cru les Saints Georges [2011]を3ケース購入。

② リーファー便にて納品&検品

名称未設定-1
発注後、早ければ翌日に、
リファーシステムジャパン株式会社の15℃で管理された保冷車にて
当社のウォークインセラー庫(12.5℃)に納品。

品質管理担当者によってエチケット汚れ、液面の高さ、
キャプセル周りの状態を検品。

③ 商品画像作成の為にワインの撮影

P1190334検品後、問題がなければ写真撮影のための準備。
撮影はもちろんセラー内で行うので湿度があり結構カビ臭い。

ワインの写真は背景を切り取って使う事が殆どのため、
撮影機材は簡易なもので十分。
なんならiPhoneで撮影しても良いぐらい。(2年前までは実際にそうだったw)

そうそう、
ワイン生産者は所謂 “農家” なのでITに疎いところも多いが、
素材集等が充実しているウェブサイトも極まれにあるので
仕入れ商品のウェブサイトは要チェックだ。

WS000000ティボーのは、まあ一般的なウェブサイトだった。
因みにシャンパーニュの生産者はマーケティングにお金を掛けているところが多い。

④ 写真をPhotoshopで加工

WS000000WS0000021楽天市場内のワインショップでは、
“ラベルアップ画像+全体像”のこの形にするのが最もスタンダード。
当社も例にもれず。

⑤ 楽天市場のフォームに入力作業

1234
これが楽天市場の1アイテムUPする為のフォーマットの全容。
かなり面倒!! 項目が多すぎてイライラする!!

PC用商品説明文については、僕はDreamweaverを使って作成している。
HTML & CSSエディターは昔からこのソフトしか使っていないので。

WS000007

⑥ 完成!

WS000008他にもTOP画像の作成や、在庫管理ソフトへの入庫処理等あるのだが
ざっくりと言うと、これでお客様へ商品販売ができるようになる。

ワインショップCAVE

 - その他