Sine Qua Non [2012]  “Sticks” And “Stones” シネ・クア・ノン ストック シラー & ステイン グルナッシュ

   

Sine-Qua-Non2

■ ワイン名 シネ・クア・ノン
ステイン グルナッシュ
■ 生産年 2012
■ 原産国 アメリカ
■ 地域 サンタバーバラ州
■ タイプ 赤ワイン
■ 葡萄品種
グルナッシュ 76%
シラー16%
ムール ヴェードル8%
(91%は Eleven Confession Estate、Cumulus Estateの
自社畑より、その他はBien Nacidoより収獲。)
■ 度数 15.5%
■ 内容量 750ml

 

WA Point 96-99

公開媒体:

 

eRobertParker.com #214
(2014-08-28)

レビュアー:

 

Jeb Dunnuck

飲み頃:

 

2014-2034

Moving to the Grenache-driven efforts, the 2012 Grenache Sticks & Stones incorporates 16% Syrah and 8% Mourvedre. Aged 22 months in mostly used oak (various sizes), it offers awesome purity and freshness in its black raspberry, cassis, ground herbs, white pepper and licorice-driven bouquet. The palate follows suite and is full-bodied, deeply concentrated and layered, with fabulous precision and length. This is blockbuster stuff that will have two decades of longevity. 

 

 


 

 

1

■ ワイン名 シネ・クア・ノン
ストック シラー
■ 生産年 2012
■ 原産国 アメリカ
■ 地域 サンタバーバラ州
■ タイプ 赤ワイン
■ 葡萄品種
シラー84%
グルナッシュ7%
プティ・ シラー6%
ムールヴェードル 1%
ヴィオニエ2%
(91%は Eleven Confession Estate、
The Third Twin Estate、Cumulus Estateの自社畑より、
その他はWhite Hawk、Bien Nacidoより収獲。)
■ 度数 15.3%
■ 内容量 750ml

 

WA Point 97-99

公開媒体:

 

eRobertParker.com #214
(2014-08-28)

レビュアー:

 

Jeb Dunnuck

飲み頃:

 

2014-2034

The Syrah releases started with the 2012 Syrah Sticks and Stones. Coming mostly from the Eleven Confessions vineyard in the Sta. Rita Hills, it also has portions from Cumulus, The Third Twin and White Hawk. Made from 84% Syrah, 7% Grenache, 6% Petite Sirah, 2% Viognier and the rest Mourvedre, it spent 20 months (it’s not yet bottled) in 52% new French oak. Showing the purity and suppleness of the vintage, yet with no lack of concentration, depth or richness, it gives up fabulous cassis, black raspberry, smoked meats and violet-like aromas and flavors that continue to change in the glass. In short, it’s a rock-star Syrah that could come from nowhere else. It should be approachable on release and evolve gracefully for two decades or more. 

 

Wine Advocate誌 要訳

シネ・クア・ノンの最新リリースはトップレベルのクオリティであり、
感動せずに飲むことはできない。
個人的に現在のスターは2010ヴィンテージだと思う。

2011もまもなく飲み頃を迎え、2012ヴィンテージも飲み頃を迎える頃には
過去のヴィンテージに引けをとらないクオリティを見せるだろう。

 

2012 Sine Qua Non Syrah Stock 97-99pt(Jeb Dunnuck)

ヴィンテージの特徴である柔らかさやピュアさも見られるが、
凝縮感や豊かさ、奥深さもある。

カシスやブラックラズベリー、燻製肉、スミレの素晴らしい香りが感じられ、
グラスの中でどんどん変化する。

他の場所では生まれ得ないシラーのロックスターである。

 

2012 Sine Qua Non Grenache Stein 96-99pt(Jeb Dunnuck)

ピュアかつフレッシュなカシスやラズベリー、ハーブ、白胡椒、甘草のブーケが現れ、
口中の中では凝縮感や力強さ、複雑さが感じられ長く持続する。

20年以上の熟成ポテンシャルを持つ。

スポンサーリンク

忍者ad

エピソード

Manfred-Krankl-Sine-Qua-Non

2012年のシラーとグルナッシュは元々「Sticks & Stones」と名付けられる予定だった。
しかし、商標権の問題でその名前が使えなかったため、母の母国語であるドイツ語で
「Stock(英:Stick)」、「Stein(英:Stone)」とそれぞれ名付けた。

名前はこのことわざに由来する。

「Sticks and stones may break my bones but names will never hurt me.」
(杖や石では傷ついても,言葉で私を傷つけることはできない)

 

人の悪口に流されず、意地の悪い人を説得し、穏やかで温厚になりなさいという意味だ。
とてもまともなアドバイスだと思うが、とても難しいことでもある。

 

アメリカの女優であるティナ・フェイがゴールデングローブ賞の受賞スピーチでこう言った。

「あなたが恵まれすぎていると感じることがあれば、インターネットを見てみて下さい。
そこにはあなたを嫌いという人が蔓延している」

tina-fey-amy-poehler-golden-globes-2013-red-carpet-03

 

これは全くの事実だ。

インターネットというものは非常に有益かつ素晴らしい発明だ。
それは疑いようのない事実だが、時に馬鹿馬鹿しい悪口や不満のはけ口にもなり得る。

シネ・クア・ノンは素晴らしい顧客を持ち、数々の称賛を受けるなど絶対的に祝福されてる。
その反面、同じくらいの批判がある事位は知ってる。
大抵は、取るに足らないくだらない話として気にも留めないが、
たまに強い憤りを感じるものもある。

 

一つの例を挙げて説明しよう。

以前、とあるブロガーが私のシラーについてコメントした。
もちろん人それぞれ味覚も異なり、それぞれの意見を述べるのは自由だ。
しかし、そこには「シラーの個性がない」「人工的に凝縮された」などという表現がされており、
ワイン醸造学に反した方法によりワインが造られているかのように書かれていた。

我々は熱心に、細心の注意をはらい、愛情を注いで作業しているだけでなく、
オーガニックなスタイルに取り組んでいることに誇りを持ってる。
そして、私は醸造中に何か人工的な過程を踏んだり操作をすることは決してない。

我々のワイン造りは、全てが職人技であり、
剪定時期からワインが巣立っていく時期まで3~5年かけて愛情を注ぎ、見守り見続けている。
そうして造られたワインが謂れのない批判を受けたら憤るのは当然のことだろう。

そうした批判に対する答えとして、
2012年のシラーとグルナッシュには「Stock」「Stein」と名付けたんだ。

名称未設定-1

2012年は、葡萄の成長に完璧な環境だったとのレポートを、
色々なところでご覧になったかと思うが、これは実際本当だ。
晴れた日が続いたが過度に気温が上がることはなく、穏やかでカリフォルニアらしい気候となった。

母なる大地のテロワールがそのまま現れたワインとなり、その表現は本当にラブリーなものだ。
この美しいワインを逃さないで欲しい。

 - 取扱ワイン情報 , , ,